信用情報機関の内容とキャッシング

信用情報機関というのは、個人のクレジットカードやキャッシングなどの履歴や申し込みや返済状況などを記録している機関であり、その情報は各種の消費者金融や銀行系ローンの申し込みの際にお店が情報を提供してもらっています。

 

 

信用情報機関がなければ公正な審査ができないんだよなぁ・・・


当然ですがキャッシングというのは返せる当てがある人かどうかを審査する必要があるので、借りての自己申告以外にも客観的なデータとして信用情報機関に登録されている情報を元に審査をすることになっています。

 

 

個人の情報ってどこまでしられているのかなぁ・・・


日本における信用情報機関は主なものとしてはCICやJICCや全国銀行個人信用情報センターがあり、ほとんどの金融機関はこの三つのどれかに加盟しており、全てについて加盟しているケースも多いです。

 

信用情報機関の連携と情報交換

この信用情報機関に登録されている情報には先ほどのキャッシングやクレジットカードの履歴の他にもブラックリストの情報も登録されています。これは延滞や強制解約などの他にも、

 

 

どれくらいの期間、情報は保管されてるんだろうか?


各種の任意整理や個人再生や自己破産などの債務整理の情報も登録されており、このような事故情報はかなり長い期間保有されてしまうので該当者は新規の申し込みが非常に難しくなります。

 

 

審査には必要不可欠な情報だから簡単には抹消されないよ!


どの情報であっても金融機関は貸付時に返済能力があるかどうかと言う点を最重視するため、このような信用情報機関のデータは客観的な審査基準として用いられるのです。この信用情報機関のデータですが、実は

 

 

有料で個人情報を開示することができる


為、一般的なブラックリストに該当する情報があるかどうかを調べることが可能となっています。