専業主婦の子育ての知恵

専業主婦の私の悩みは?

 

  • 働いているお母さんがいかに子育てもキチンでできるか?
  • その時間を確保てきるか?

このような悩みは尽きないものです。出勤前に保育所に子供を預けて、仕事が終わると迎えに行く。おそらくこれがオーソドックスな生活パターンだと思います。限られた時間の中で、子どもとの触れあえる時間をいかに多くするが、子育てのポイントですね。

子供と一緒に取り組める趣味を探す

 

幼い時から常に会話ができる関係が続くと楽しくなります


し、元気も出てくることでしょう。触れ合う時間の密度を濃いものにするには、何か子供さんと一緒に取り組める共通の遊びや趣味能なものがあれば、同じ1時間を過ごすのにも心の通いがより深まってくるのではないでしょうか。

ママ友とのいいお付き合があれば最高

 

幼い子供さんなら、休日の日にアトリエ教室やスポーツ教室に通うなどです。


一緒に夢中になれることや体を動かせる目標なり楽しみがあれば、限られた時間でもりっぱな親子関係が維持できると思うのです。

 

また、近所とのお友だち付き合いもそうです。子供が2、3歳の頃に公園で知り合ったママ友とのお付き合がいい関係で続いているのであれば、一緒に遊ぶこともいいでしょう。

ホームパーティも一つの手段

金曜日や土曜日の夜には、ちょっとしたホームパーティをすることも自分の気持ちを明るくさせてくれますし、子供同士も仲良く遊んで友達同士、子供達同士の仲間の輪がより深くなりいい関係でいられることでしょう。

無理せず休むことも大事

働くお母さんには体力的にも精神的にも疲れが残っまてしまい、つい子育てがが億劫になることがあるかもしれません。この時は無理せず休むことも大事です。日頃、仲良く接している子供さんであれば、

 

 

お母さんの横に座って心配してくれることと思います。


これも子供とのある種の触れ合いになります。肩を張らずに子育てに頑張っていると、いつか疲れてしまいかねません。日頃の何気ない会話を楽しむくらいの気持ちで子育てに頑張って欲しいですね。