子供の反抗期の対処法

多くの人が対処の仕方を間違える子供の反抗期

子供の反抗期の時に多くの人がその対処の仕方を間違えています。それはどうしてかというと、多くの親は子供の反抗期の時期に

 

 

真剣に対処しようという気持ちが希薄だからです。


そして、子供はその態度を敏感に感じ取ります。では、どうして多くの親が子供の反抗期の時期の対処の仕方を間違えてしまうかというと、それは自分自身が子供だった時の反抗期の時期も親から適切な対処を受けていなかったからです。

母親が子供の話を真剣に聞いてあげる事が大切

ですから、自分の子供が反抗期になった時もどういう風に対処したら良いか分からないのです。ですがそういう方にひとつアドバイスするなら自分の子供が反抗期になった時の適切な対処の仕方というのは父親ではなく、

 

 

母親が子供の話を真剣に聞いてあげる事です。


それで本当に真剣に話を聞こうという姿勢が子供に伝われば子供もその真剣な態度に反抗期でも心を開くようになります。

微妙な年齢の時期に不安がたくさんあるから

それはどうしてかというと、子供の反抗期の時期というのは別に親に反抗したくて反抗しているわけではなく、その微妙な年齢の時期にいろんな心の戸惑いがあって不安になって結果親に歯向かっているのです。

 

でも、それも親が真剣に受け止めて何でも話しを聞くという姿勢を見せればいくら反抗期の時期でもめちゃくな事はしないです。

 

 

それどころか、真剣に自分の悩みを聞いてくれるようなら反抗も収まります。


ただ、その際にはすぐに反論したがる父嫌よりも話を最後まで聞いてくれる母親が子供の話を聞くのが良いです。そうやって私も自分の子供が反抗期になった時もそれほど荒れずに済んだのでみなさんもそうすべきです。